So-net無料ブログ作成
検索選択

てくてく [明士の日々]

小学校1年生の時のこと。

ボクは新しい自転車を買ってもらった。

ちょっと小さなボクには不釣合いなほど、大人びた自転車。

もちろんピッカピッカ。

「どこへも行くぞ、ビューん!」

少年は町内を走り回った。

周りの友達とも自転車で町内をビューんと。

キレイな石を集めたよ。

公園でブランコに乗りながら靴投げ競争をやったよ。

勢いよく靴は遠くに飛んだよ。

湿原にも行ったよ。

友達と自転車でどこまでもどこまでも行ったんだ。

 

でもね、ある日ボクの大事な自転車が誰かに盗まれちゃったんだ…。

 

新しい自転車は買ってもらえなかったよ。「大事にしなかったからだ」って。

皆は自転車でビューん。ボクはその後ろを「てくてく」歩いてついていく。


てくてくてくてく。てくてくてくてく。


後から聞いたら親はその「てくてく」を見ていたらしい。何度も自転車を買ってあげたくなったって。でも、あれから一年間は買ってもらえなかったんだ。


てくてくてくてく。てくてくてくてく。

 

ビューん!の後をてくてくてくてく。

 

皆んなを待たせちゃ悪いから、先に行ってもらったよ。公園で集合さ。

行きと帰りがてくてく。

皆はビューん!

ボクはてくてく。

 

いつからかボクはものを大切にするようになっていた。

大事に使おうって。買ってもらったものは大事にしまってある。

いつかはなくなっちゃんだけどね。

でも、なくなるまであるんだから大事にしようと。

てくてくの間に思ったのかな。

良かったのかも、てくてく。

 

 

 

でも、遊んだ帰りの「てくてく」だけはやっぱりちょっぴり寂しかったんだよ…。


nice!(8)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 8

コメント 11

on_your_mark

帰りはてくてくじゃなくてトボトボが混じってたかもしれませんね。
1年間、よく頑張りました。
by on_your_mark (2005-10-24 17:06) 

りんたろ

私なら、自分の子供一人だけてくてくがかわいそうで我慢できず、すぐまた自転車を買ってあげちゃうかも。でも、ご両親の1年間のご辛抱が、明士さんのものを大切にする精神を育てたのですね。いいお話ですね。
by りんたろ (2005-10-24 18:58) 

水郷も経験がありますよ。。物を大事にすると言うのはこんな経験がないとやはり身に付かないかも。。MY息子君を見ていてもそう思います。。
by (2005-10-24 19:32) 

どの子供にも自転車は思い出の宝庫デスネ。明士さんのてくてくを読ませてもらいながら、自身の小学3年生の時に起こった自転車にまつわる母親とのてくてくストーリーを思い出しました。
小さな子供にとっての「てくてく」は、本当に長いながい道のりを歩む第一歩になっているようですね。
by (2005-10-24 22:50) 

参明学士/PlaAri

★switchさん、確かに帰りはトボトボだったかもしれません…。
きっとそうだったと思います。

★りんたろさん、「てくてく」は本人以上に親が可哀想と思ったようですね。その辺は厳しくも温かかったのかもしれません。ですが自分の子供にも同じ事ができるかと言うと、難しいかも知れないですよね。

★水郷さん、物を大切にすることで悪いことはありませんから良かったと思っています^^。あとは捨てる勇気でしょうか(笑)

★木鶏さん、今でもてくてくを時々思い出します。ですから今でも私は周りの半歩遅れでも、焦ったりすることもなく全体を見渡そうとする力はついたかもしれません。半歩遅れれば、先へ行っている人やその周りがよーく見えたりするのですから。あのてくてくは忘れ得ぬ思い出ですね。
by 参明学士/PlaAri (2005-10-25 10:48) 

nal

いいご両親ですね。
どうしてもカワイさ余って買ってあげてしまいそうなんですが、
それでこそ物の大切さを学べる気がします。

まあ友人とのコミュニケーションの時間が減るんじゃないかとか、
親は色々思いをめぐらせてしまうんでしょうが。
by nal (2005-10-25 17:04) 

サファイヤ

あのー、明士さんの「てくてく」にはホロリとくるものがありますが、それって、盗んだヤツが悪いんじゃありません? 
でも、子供に何かを学ばせようとしたご両親は立派ですし、てくてくの後ろ姿を見ていたのは、つらかったでしょうね。明士さんも素直で、我慢強い方なんですね。
by サファイヤ (2005-10-25 21:20) 

ひろっぴ

自転車って盗られるモノなんだよね、ってうすうす感じたのは中学生になってから。いや~田舎は平和で良かった。今は違うようだけど・・・。

盗られた当時は辛かったでしょうけど、今となっては良い経験と言えるのかな?悲劇がないと人は成長しませんし・・・なんてね。
by ひろっぴ (2005-10-25 23:04) 

参明学士/PlaAri

★nalさん、きっと親も色々考えたのだと思います。当時の私もきっとそれなりに自転車を盗られた事を反省していましたので、新しいのを買ってもらえないことに不満はありませんでした。てくてくはいい経験になったなと思っています。

★サァファイアさん、盗んだヤツが悪い…。確かに!その時はそんな発想にならなかったですね。どうしてだろう?(笑)
それはそうと、てくてくが教えてくれたことはずっと忘れたくありませんね^^

★ひろっぴさん、自転車ドロボーが増殖しまくって困ってしまいますね。警察も地味ーなパトロールやってますし。あんなことに人員を割かねばならないほど社会は荒廃しているのかもしれません。
てくてく当時は反省の要素が強かったと思います。すぐにモノを買い与えない親でしたが、それは良かったのかもしれません。自分のことは何とか自分でする。それが今の基本になっています。
もちろん、お願いすることはお願いしますけれどね^^
by 参明学士/PlaAri (2005-10-26 09:56) 

jasper

物を大事にする気持ちは大切ですよね。
でもっでもっ盗まれたってのは大事にしなかったって事じゃないぃ~
(・・、)
と参明少年をちょっとだけかばいたい気持ちです。
ちなみにうちの自転車は道路に面したうちの駐車場においてあるので、しょっちゅう空気抜かれます。空気入れるところの部品ごと取ってかれる事もあります。(そうすると空気を入れられなくなる・・・)
by jasper (2005-11-25 08:15) 

参明学士-PlaAri-

★jasperさん…なんと、8年を経てのコメント返しです^^;記事を読み返していたら返信失念に気付きました。jasperさんがこのレスに気付く可能性は限りなく0に近いでしょうけれど返信しますね。
盗まれた自転車、家での置き場所が決まっていたのに「ラクをしようと思って」、ひと目に付くところに停めていたんです。切り替え機能付きの重たい自転車だったので、毎度階段から上げていくのが小学生の私には辛かったのでしょう。まさかの盗難にはすっかり打ちのめされてしまいました。思い起こせば、あの時に「忍耐力」って付いたのかもしれません。ガマンすることも合わせて…。
by 参明学士-PlaAri- (2013-08-09 12:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る