So-net無料ブログ作成
検索選択

マスコミの面の皮が厚すぎることについて [人間社会]

故二子山親方の一周忌法要が営まれた。昨年の親方逝去時に若・貴兄弟の不仲を煽って騒ぎ立てたマスコミに、私は怒りの記事を書いた。一周忌が訪れても相変わらずマスコミは暴走し続けている。救いがたい下劣な精神であり、それでいて言論の自由を叫ぶなど面の皮が厚すぎであろう。例えばこの記事。ふざけるな!と言いたい。

まず怒り心頭なのが、

故人を悼む気持ちが全くないではないか!

マスコミとは一体何なのか。権力の横暴さから大衆を守るために権力に匹敵するほどの力(報道の自由・表現の自由)を与えられていながら、何をしているかと言えばこのような「国民の生活にとってどうでもよい」情報の垂れ流し。この幼稚さ加減に吐き気がする。人の生き死にまで「娯楽的なネタ」として捉え、焼き直し、故人を悼む気持ちなどサラサラない。むしろ絶好のネタとして張り込み取材をかけるなど、人間として見下げ果てた心の貧弱さ、劣悪な精神性である。二子山親方の心中たるや、いかばかりであろう。改めてご冥福を祈るのみである。

記事中には法要での貴乃花親方の動向が興味本位に書き立てられ、花田勝氏との確執のシーンを捉えようとする意図がミエミエである。一部マスコミの薄汚い根性の程が知れるというものだ。いい加減にしろ!法要の邪魔だ!失せろ!

救いがたい唾棄すべき愚かさである!

マスコミよ、大体、花田家の確執を煽ったのは当事者よりも汝らではないのか。自ら火をつけて燃え上がらせ、ブームが過ぎ去れば無視も同然。まさにマッチポンプだ。マスコミを介して兄弟の言葉をやり取りさせ、余計な憎悪を増幅させた罪は重い。あまりにも重い。そしてそのような「当事者間の問題」を連日のようにワイドショーで解説して見せたその厚顔無恥ぶり。解説者、コメンテーター、プロデューサーよ、恥を知れ。お茶の間の視聴者をなめるのもいい加減にしろ。そして何より花田家への冒涜を詫びろ。無礼者が!

もはやマスコミに天下泰平への貢献、公明正大な姿勢、鋭き社会批評、権力への切り込みなど、全く期待できないのか。

「報道・表現の自由」を与えられていながら、この愚かさ。そのうちに、この「自由」が剥奪されてしまったとしてもその時には誰も文句は言えない。自らの愚かさがそうさせたのである。愚か者の末路は今も昔も没落以外に該当するものはない。

 

愚かな一部マスコミへ謹んで言上致す。

 

このままだったら本当にどうなっても知らんぞ。恥を知れ!庶民・大衆の目線に立て!我々が感心するような報道を志せ!!

 

 

以上。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 7

アキオ

商業主義で資本主義なマスコミ、と言う認識を広めたいものです。
by アキオ (2006-05-29 19:24) 

むが

某巨大掲示板と同レベルなのがマスゴミクオリティな訳ですよね。
マスゴミは必死で否定しますが、嘘・捏造・煽り・罵倒を
「公共の」電波や媒体を使って垂れ流している。
それを食い物にしてるんだから嫌な業界ですねぇ。
by むが (2006-05-29 20:23) 

参明学士/PlaAri

★アキオさん、もうマスコミは金の手下ってことですよね。

★むがさん、仰るとおりですね。他人の顔を土足で踏みつけるほどマスコミは偉いのか?と…。むちゃくちゃなんてものじゃないです。冷静になって見つめれば見つめるほど。
by 参明学士/PlaAri (2006-05-30 10:13) 

steel

やっぱりマスコミ…
同意です。
遺族や被害者、政治や宗教…
全てがエンターテイメント、「劇場型ニュース」ですね。
by steel (2006-05-30 12:25) 

参明学士/PlaAri

★ironさん、ご指摘の通りですね。「何のため」が、ぶれている報道など見たくもありません。
by 参明学士/PlaAri (2006-05-31 11:23) 

norinori

花田家のことは、よくにしろ、悪きにしろ、話題を利用するだけ利用させてもらいますよという象徴そのものですね。
通信社配信と思われる新聞記事にも、兄弟は話をかわさなかったという事実が出ていたのには、何か悲しく思いましたよ。
by norinori (2006-06-03 09:21) 

参明学士/PlaAri

★norinoriさん、徹底して花田家をネタにしたてようとする腹がミエミエですよね。何故こうまで報道の質が低下したのでしょう。拝見主義の悪弊でしょうか…。酷すぎて酷すぎて言葉になりません。怒るのみですね。ホント、酷いです。
by 参明学士/PlaAri (2006-06-05 17:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る