So-net無料ブログ作成
検索選択

TM NETWORK さいたまスーパーアリーナ参戦! [エッセイ]

 実に久しぶりのblog更新。Twitterに慣れ過ぎると忘れてしまう感覚。テーマは私の大好きなアーティスト、TM NETWORK(以下、TM)のライブについてです。レポート記事も上がっていますので、ライブ内容の詳細についてはこちらで。

 私がTMを契機に鍵盤生活をスタートさせたのは何度かblog記事で言及していますが、ライブ参戦はTMN終了後の再始動を待つ他はありませんでした。北海道で生まれ育った私は経済的にも時間的にも東京のライブに行く余裕など全くなかったのです。いや、想像すらつかなかったと言えます。
 地元の楽器屋に行っては小室哲哉プロデュースのシンセ「EOSシリーズ」の高額なことに溜め息をつき、店頭でチョチョッと鍵盤を触ってみるのが関の山(そのお店は今や一軒たりとも存在しません…寂しい)。小室さんのようにカッコよく鳴らしたいと思うものの、気持ちはあっても全く不可能なことに「芸能人との格差(芸能人とは才能そのものだと思っていた)」を感じたりしたものです。もちろんシンセの使い方も全く分からず、音楽はド素人。学校の音楽の成績も「5段階の2~3」をうろついていたと記憶します。GB等の音楽雑誌に投稿する全国の素人玄人さんの成果物を聴きながら、溜め息は増すばかり。シンセを買うこともできず、弾くスキルも全くない自分には到底出来得ぬことと、遠い空を見上げたものです…。全国を回っていた「EOS・DAY」にすら参加できなかったなぁ。
 ともあれ、色々な意味で青春の希望の星でもあり、(自分には出来ないという意味で)絶望の対象でもあったTMですが、終了後に活躍するTK時代の小室さんが際立つに連れてTMへの憧憬が増幅していくような感覚も培われて行きました。シングル集「TIME CAPSULE」のリリースがアナウンスされ、新曲(Detour)が収録されることまでを知った時などは小躍りしたものです。

「また3人が始まる!」


 学生となり、東京で暮らすようになって世の中のイベントが「東京発」であることを幾度も痛感しましたが、ライブなどもそういう傾向は極めて強いです。たくさんのアーティストのライブ開催があるわけですが、どういうわけかあまりTM以外のものには食指が動きませんでした。もちろん他のアーティストの音楽を聴かないわけではないんですよ。でも、「まずTMに行きたい」と考えていたのでしょう。そう、ちょうど降り積もった白雪に「最初の足あとを付けたい」と思う少年のような気持ち。地元にまで来たB'zのライブetcには連れて行ってもらったことがあるのですが、大人になって選択する「自分のライブ」。凄く新鮮な感覚。
 私にとってその感覚を浴びたのが武道館での「REMASTER」ライブでした。初めて直に接する3人の音。少年の頃、「全く手が届かない」と半ば喪失感すらをも抱いていた自分の感覚を手繰り寄せながら体を揺らしていました。「思えばこの3人に人生を変えられたも同然だな…」と。
 今でこそ鍵盤を数台扱いながらYouTubeに動画を上げたり、ニコニコ生放送でプレイしたりするような自分になりましたが、そういう日々の中でも「喪失感のある自己」が確実に心の中に住んでいます。私にとってこれは決して悪い意味ではなくて、現時における到達点からの距離を感じる「原点」だったりするのです。「随分遠くまで来たな…」とも思うし、「夢中で走ってきたな」とも感じる。何をも得ることが出来なかった私が、FANKSであることで与えてもらっている「ヒトやコトやモノ」の多さ・豊かさに呆然とすらする。投稿した動画に感想コメントが付いたり、生放送ではワーワーと視聴者が集ってくれている。あの「自分なんか…」と音楽雑誌を食い入るように見つめて、同時に天を仰いでもいた私には考えられないような今を過ごせていると思う。関わってくれる人達のありがたさに、ただただ感謝の二字があるだけです。

 随分と話の枕が長りました。書いている間にさいたまライブのことを書くのは「まぁいいっか」になってきました(おいっ)。それよりも全国各地にいるFANKSの方々と語り合い、交流できることの「ステキさ」に感じ入るライブイベントだったなと思います。TMの3人が動くたびに、私達FANKSのリアル交流も深まっていく。そしてその交流がネット上で常に補完されていく。「凄い時代だ」と改めて強く思うのです。私と関わってくれている皆さん、本当に本当にありがとう!そして、てっちゃん、ウツさん、木根さん、今も現役で最前線を走ってくれることにFANKSとして感動の日々です。どうか体をいたわりつつ、これからも最高の新しさを見せつけて下さいね!


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 5

チカリ~ナ

名士さん、本当に ほんと~~~~~~~にお久しぶりです(*^-^*)!
お元気にされてましたか?
7月のいきなりの猛暑、豪雨などの超天候不順で 各地に甚大な被害が出ましたね(;_;)

あれから色々ありました・・・・。
私は鬱に始まり、主人の肝臓癌(2011/11)の手術、更年期障害で引きこもり、
最近調子が良くなったかと思ったら、今度は主人に食道癌が発見されました(;_;)
初期だと主治医に言われましたが 油断はできません。
でも今回は 食道癌になることは 想定内だったので、
腹が決まりました。
一緒に立ち向かって、癌を叩いていきますわっ!

欝やらひきこもりやら、遠回りして来ましたが、
苦しい人の気持が 少しでもわかるようになれたことが 大きな一歩と
捉えたいですね(*^-^*)
支えてもらった人に恩返しをすべく、今度は私が支えていけるよう
もっと強くなっていきたいです。

何があっても負けない自分になりたい!
自分らしく 一日を一歩前進で歩んで行きたく思っています!

TMレボリューションさん、懐かしい!
名士さんには そういう“歴史”があったのですね(^^)
私も安物ですがキーボードを購入し、自分なりに弾いて歌っています。
音楽ってやっぱり 人の心を鼓舞してくれますよね!
『努力に優る天才なし』です。
名士さんのご活躍 陰ながら祈っております(*^-^*)

急に、長々とごめんなさいね(^^;)
by チカリ~ナ (2013-08-08 23:20) 

参明学士-PlaAri-

★チカリ~ナさん…いやぁ、本当にお久しぶりです☆彡色々と状況の変化が大きいようですね。心中お察しします。
病というのは当事者性が強くて、なかなか他人が共有できない心境になるものだと思います。「苦しい人の気持ちが少しでも分かるようになれた」とお考えになれるチカさんはきっと豊かな心をお持ちなのと、何かしらの「確かな支え」を感じておられるのだろうと想像します。
私は「強さ」には色んな要素が見出だせると思います。「固さ」や「不動の信念」といったものも強さのあり方でしょうけれど、個人的に特に感じ入るものとして「靭やかさ(しなやかさ)」があります。強風に折れず、微風にたなびき、伸ばしても縮んでも叩いても破損することがない。そんな「環境や状況と不可分に呼応していく靭やかさ」が強さの本体だと考えています。「靭やかな人生っていいな」と^^
これは私の人生のテーマでもありますね(うぉー

>TMレボ

ふふ、同じTMでも「NETWORK」の方でして、最近ではレボの方が知名度が高いんですよね~。プロデューサーもTM一族なので同系統ですが、双方ともまだまだ現役。応援し続けたいと思っております。

ともあれ、季節は暑さ全開です。
チカリ~ナさんもどうかお体を大切にしつつお過ごしくださいねヽ(´ー`)ノ
by 参明学士-PlaAri- (2013-08-09 13:20) 

チカリ~ナ

お忙しいのに 返信どうもありがとうです(*^-^*)

あの~、メールアドレス変わられました??
以前ホットメールでやりとりさせていただいてましたが・・・・
by チカリ~ナ (2013-08-10 10:34) 

参明学士-PlaAri-

★チカリ~ナさん…あれ!?Hotmailは変わっていないですね^^;届いているのかも。確認してみます!
by 参明学士-PlaAri- (2013-08-15 13:31) 

チカリ~ナ

お忙しいのにごめんなさいね・・
私のアドレスは以前のままです(*^-^*)
名士さんのdo.littlestarのアドレスは変わられたようですね。

私はまだスマホじゃなく、パカパカ携帯なもんで
パソコン頼みなんです(^^;)

名士さんの言葉はいつも明解で 読んでいて心がスキっとしますね!
英知が光っていますわ(*^-^*)
『精神性は現実の世界に具現化されなければ無意味』と
社会運動家のヘンダーソン博士が語っておられたそうです。
まさに名士さんは具現化されていますもの!
名士さんとは ずっと交流させて頂きたく思っています(まだお会いしたことも
 ありませんが・・)

本当に超常現象かと思うほどの猛暑。
私たちが居なくなった後の世界がどうなっているのか、
もっと個々人が意識改革をしていかないといけませんね。

あ~、硬い話になってごめんなさい(^^;)

音楽には上下貴賎の差異を超えて通じていく力がありますから、
それが無くなったら 文化も廃れていってしまうのでしょうね。

とにかく今は 自分自身 何があっても負けない強さを身に付けたいです。
また素敵な含蓄のある言葉を待っています!

               お体 気を付けて下さいね*(^o^)/*          
by チカリ~ナ (2013-08-16 22:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る