So-net無料ブログ作成

UTSU&KINE EXPO Folk pavilion -Revival- (エキスポ フォークパビリオン)に参加 [明士の日々]

 TM NETWORKのボーカルUTSUさんと、ギターKINEさんがひたすらフォークソングを奏でるという一風変わったライブに参戦しました。TM関係のライブはREMASTER武道館以来なので、わくわくしながら行ってきました。
 このフォークパビリオンと言うのは、TMが終了前の91年のツアーのコーナーの一つだったものを独立させたものです。小室さんはこの時は控え室に下がっていて、宇都宮さんと木根さんがギター片手にフォークソングを披露するという内容です。

DSC01800.jpg
小室さんがいないので浅倉大介さんがサポートしています。

 

 ちなみに昔のフォークパビリオンがどんな感じだったのかを貼っておきますね。TMらしからぬ雰囲気が醸し出されていると言えましょうか。ファンの間ではひそかに人気のあるコーナーだと思います。一般的にはTM NETWORKは「機械を駆使した電子音楽を軸にしたユニット」というイメージでしょうけれど、実にこの3人は幅の広い音楽性を持っておりまして、こうしてフォークを歌ったりもします。 

TM NETWORK
「GIRL FRIEND」

 

 あと、会場でグッズ販売が行われており、TMのカバーCDを購入しました。いつの間にか出ていたのですね。前作は買ったのですが、今作に関してはまったくリリースに気づきませんでした…。全ての楽曲が女性ボーカルです。ハウス系のアレンジが加えられており、聴きやすい構成になっていると思います。TM入門にもいいかもしれません。メロディの秀逸さは失われてはいないです。

WE LOVE TM NETWORK

WE LOVE TM NETWORK

  • アーティスト: オムニバス,Kei Kohara,portable,星野奏子,Reco
  • 出版社/メーカー: AsianDynasty Records
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD

 ちなみに、下記リンクは前作のものです。

I LOVE TM NETWORK

I LOVE TM NETWORK

  • アーティスト: KEI KOHARA+LIFE,KEI KOHARA,LIFE
  • 出版社/メーカー: AsianDynasty Records
  • 発売日: 2008/06/04
  • メディア: CD

 

 
 会場は東京ドームに併設されたJCBホールでした。最近できたホールだそうで、私は初めて入りました。小ぶりな印象を受けますが、3,000人ほどは収容できるのだそうです。
DSC01805.jpg

ホール正面から東京ドーム方面を望む。
DSC01803.jpg

お花
F1000065.jpg

会場内部左翼
F1000069.jpg

F1000067.jpg

会場内部右翼
F1000068.jpg

会場中央(映りが悪く見えませんね…)
F1000071.jpg

F1000070.jpg

公演終了後
F1000066.jpg


 18:00開演、20:20分頃に終演となりました。そのうち、トークが30分以上あったのでは…!?木根さんの小話好きは筋金入りですね。宇都宮さんとは小学校以来の同級生とのことで、息の合ったところを見せてくれています。グダグダ度合いまでいい味を出していました(笑)。サポートの浅倉大介さんがボーカルを担当したのには驚きました。歌えるものなのですね。彼についてはキーボードパフォーマンスしか知らない私にとっては新鮮でした。

 セットリスト(公演曲目)を紹介しておきますね。

1. 辿りついたらいつも雨降り
2. 冬の稲妻
3. 22才の別れ
4. 今日までそして明日から
5. 最後のニュース
6. いちご白書をもう一度
7. 月の河(TM NETWORK) 
8. 時の流れに身をまかせ
9. 五番街のマリー
10.桜三月散歩道
11.ハナミズキ
12.時の過ぎゆくままに
13.永遠のパスポート(TM NETWORK)
14.僕の胸でおやすみ
15.恋のバカンス
16.また会う日まで
17.あの素晴らしい愛をもう一度
18.見上げてごらん夜の星を
19.ANOTHER MEETING(TM NETWORK) 

アンコール

20.パノラマジック(TM NETWORK)
21.WE LOVE THE EARTH (TM NETWORK) 

 本当に徹底的にフォークソングの嵐でした。宇都宮さんもひたすらアコースティックギターを弾いていました。指が大変なことになっているんだそうです。私はアコギはほとんど弾かないので分からないのですが、あれは相当に強く弦を押さえないと音が出ませんからプレイヤーは大変だと思います。  
 あと、木根さんが「お客さんの前で本当にこんなライブやって良いのか不安だw」的なことを言ってましたが、やる側にもそういう緊張感があったのですね。こういうライブもありかなぁ、と、良い意味で裏切られましたね…。個人的にはもう少しTM曲があると嬉しかったかなと思いましたが、それでもしっとり聴く2人のハーモニーは最高でした。 「五番街のマリー」なんて素晴らしく良かったですよ。いつも思いますが、宇都宮さんの声はライブで聴くとCDとは艶というか伸びというか、違いますねぇ。凄くよく通ります。いい声してます。


 またTMで聴きたいですね。3人揃ってステージに立てる日を夢見て。

 

終了後のホール正面
F1000064.jpg


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 5

kyao

おお、明士さんがいらしたライブとはこのことでしたか。素敵な時間を過ごされたようですね。明士さんのウキウキ感が伝わってくるレポートでした。(^^)
それにしても、JCBホール、ですか? 全然知りませんでした(笑)。(^^ゞ
by kyao (2009-05-06 18:56) 

銀鏡反応

素敵な、充実したお時間を過ごされたようで、本当によかったですね。実は私もGWの初日、「ラ・フォル・ジュルネ」(熱狂の日)というクラシックの一大イヴェントに行ってきて、楽しいひとときを過ごすことができました。

普段忙しくしている私達ですが、GWに夢のようなひとときを過ごすことは精神を豊かにしてくれますね。
by 銀鏡反応 (2009-05-07 18:10) 

参明学士

★kyaoさん、行って来ました~。フォークソングの嵐だったので、普段馴染みのあるジャンルとは違った新鮮さがありました。やっぱり生音は良いものですね。

>JCBホール

昨年に完成した新しいホールのようです。東京ドームに併設されています。会場規模から考えると今後も色々なライブで使われることになるかと思います。ホールは地下に向かって掘り込まれている感じですね。音はなかなか良いと思いました。

★銀鏡反応さん、ライブには時々来るものだなぁと改めて思いました。ほんと、GWでもなければこうしたイベントに参加する気持ちすら湧きにくいものですね。今回はチケット見つけた段階で「即買い」でした。自分の精神の肥やしにしたいと思って聴いてました。
by 参明学士 (2009-05-07 23:09) 

mana

雄叫びを上げただけあって、楽しまれたようですね。(^^)
by mana (2009-05-08 07:46) 

参明学士

★manaさん、会場はフォーク一色だったので「叫び」はできませんでしたが、心情的には「うぉー!」でした。
by 参明学士 (2009-05-08 11:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。